書店員の感想

書店員の感想

【ファンタジー漫画の歩き方を考える①】勇者と魔王の対立構図について

最近のアニメ化で話題となった『葬送のフリーレン』や『ダンジョン飯』。 ファンタジー作品の人気が以前に比べて目立つよ...
書店員の感想

【感想】書店員の読書感想メモ。『君と宇宙を歩くために(著:泥ノ田犬彦)』正反対の2人が楽しく生きるために奮闘する友情物語

※当コラムはあくまで執筆者の私見と個人的な感想です。 生きていく中でふいに出てくる自分の中の問題に直面する事がある...
書店員の感想

【感想】書店員の読書感想メモ。『冥冥冥色聖域(著:セキアユム)』心揺さぶられるヒューマンドラマ。

※当コラムはあくまで執筆者の私見と個人的な感想です。 街の喧騒の中にひっそりと佇む深夜営業のメイドリフレ「彗星蟲(...
書店員の感想

【感想】書店員の読書感想メモ。『正体不明と恐怖(原作:脊髄引き抜きの刑 / 著:フライ)』は気が付けば深みにハマる。

※当コラムはあくまで執筆者の私見と個人的な感想です。 2024年01月17日に単行本が発売した『正体不明と恐怖』。...
書店員の感想

【感想】書店員の読書感想メモ。『ヴァンピアーズ(著:アキリ)』があまりにも”尊い”。

※当コラムはあくまで執筆者の私見と個人的な感想です。 『ヴァンピアーズ』(著:アキリ)は『月刊サンデーGX』(小学館...
書店員の感想

【感想】書店員の読書感想メモ。『Helck(著:七尾ナナキ)』は王道のダークファンタジー

※当コラムはあくまで執筆者の私見と個人的な感想です。 『Helck』(著:七尾ナナキ)という作品を知っているだろう...
書店員の感想

【感想】書店員の読書感想メモ。『画家とAI(著:樺ユキ)』の本質的なテーマとは

※当コラムはあくまで執筆者の私見と個人的な感想です。 今回読んだのは『画家とAI』(著:樺ユキ)。 講談社 「モーニ...